「Nyahoo!」を使ってみての感想。メリットやデメリットなど内容まとめ

スポンサーリンク

7月4日(火)巷で少し大きな話題になっている「Nyafoo!」というものをご存知でしょうか?これは、新たに開発された検索エンジンで従来の検索サイトのYahoo!やGoogleとは少し違った特徴を持っています。

「Nyafoo!」の特徴はまとめサイトが表示されない

今回開発された「Nyahoo!」の特徴はまとめサイトや知恵袋などが検索にひっかからないことです。

 

GoogleYahoo!などで検索しようとすると、”2chやブログ”などのまとめサイトや知恵袋などといったQ&Aサイトが上位に表示されることが多いですが、「Nyahoo!」ではこういったサイトは一切表示されず、ニュース記事や辞書といったサイトが表示されるようになっています。

「Nyahoo!」の開発意図は?

「Nyahoo!」の開発をするにあたっての開発者のコメントがあったので紹介します。今回の「Nyahoo!」の開発した理由はGoogleがアテにならないときが出てきたため」というのが理由らしいです。

 

2010年あたりになってきてから、いわゆるまとめサイト”や”Web広告”といったものが急激に増加し、インターネットが少し使いにくくなった印象があります。

欲しい情報がすぐに手に入らない

インターネットが使いにくくなった例として、真っ先に浮かぶのは「欲しい情報がすぐに手に入らなくなった」ということ。

 

インターネットは知りたい情報があれば、検索するだけですぐに知りたかった情報が手に入るのが一番の利点でした。

 

しかし、まとめサイトや広告が普及するとそれらが検索の上位を占めてしまい、本当に必要な情報がすぐに見つからないといった一番の利点を潰してしまった印象があります。

 

試しに「Nyahoo!」を使ってみた感想

試しに「Nyahoo!」を使ってみました。自分は野球が好きなので検索ワードは7月4日にメジャーでブルージェイズ相手に好投した「田中将大」で検索してみます。

 

「Nyahoo!」での検索結果。▼

f:id:ak2211:20170704154117p:plain

「Nyahoo!」だとこのような検索結果になります。開発者によると少し古い情報が出てしまい、7月4日の情報は出てきません。ですが、まとめサイトなどを見当たりませんね。

 

続いて「Google」で同じように「田中将大」と検索してみると

 

Googleでの検索結果。▼

f:id:ak2211:20170704154200p:plain

 

こちらは本日の7月4日のニュースが取り上げられていますね。しかし、画面をスクロールして検索順位の下のほうを見ていくと

 

f:id:ak2211:20170704154735p:plain

 

GoogleのほうではTwwiterやまとめサイトなどが出てきます。

 

このように見てみると「Google」など従来の検索エンジンでは、まとめサイトやQ&Aサイトなど3次情報を含めた情報を知りたいときに、「Nyahoo!」では大手新聞社やメディアが取り扱う1次情報のみを知りたいときに使うのが便利かなと思います。

「Nyahoo!」のメリット

自分が使ってみての「Nyahoo!」のメリットは大手新聞社やメディアが取り扱う1次情報を知りたいときに使うのが便利かなと感じます。

「Nyahoo!」のデメリット

逆に1次情報以外の情報を得たいときにはあまり向いてないと感じます。画像を見たいだけの時とか、Twwiterを見てみたいとか、まとめサイトを見て暇つぶしをしたいなどといった用途には不向きな印象を感じます。

まとめ

現在はまだまだインデックスが少ない「Nyahoo!」ですが今後はどんどん拡張していくとのこと、インデックスが増えていけば1次情報だけが欲しいときに使う検索エンジンとしては非常に便利な印象を受けました。

 

GoogleやYahooなどと併用し用途によって使い分けていくと、ますます便利なインターネット生活を送れそうですね!

 

 

スポンサーリンク

IT, トレンド

Posted by elses