2017年6月13日

【衝撃】はじめしゃちょーが購入した50万円のビデオカメラがやばいww

スポンサーリンク

6月12日のはじめしゃちょーの動画の内容は「50万円のビデオカメラ」を買ってみたというもの。やっぱりYoutuberになると”ビデオカメラ”は非常に気になるものらしく、今回購入に至った経緯も更なるステップアップを図るためらしい。

 


50万円のビデオカメラを買ってみたら画質良いヤバい。

 

ただ単に新しいビデオカメラを紹介する動画ではあるが、凄いのはその金額。なんと今回はじめしゃちょーが買ったのは50万円のビデオカメラ!さすがスケールのでかい男である。

はじめしゃちょーが購入した「EOS C100 markⅡ」とは

今回はじめしゃちょーが購入したのはキャノンの「EOS C100 markⅡ」という商品。公式サイトを見てみると

f:id:ak2211:20170613013023p:plain

”ヤダコレ超カッコいい(=゚ω゚)”と思ったのが個人的な感想であるが、やはり値段もあってかカメラもめっちゃ大きいです!

 

はじめしゃちょーの動画から見てもビデオカメラの大きさがわかると思う。まるでプロが使用しているカメラ見たい。▼

f:id:ak2211:20170613013353p:plain

https://www.youtube.com/watch?v=Dfr1TbSrMYY

 

値段はオープン価格となっていますが、調べてみるとボディだけでも40万前後はする代物。はじめしゃちょーは更にレンズキットなども購入しているので全部購入すると約50万ぐらいはする計算になります。

 

本体の重さも1125gとビデオカメラにしてはやはり少し重い。それでもそれだけ多彩な機能を加えているということでもあり値に恥じない魅力を持つカメラになっている。

 

今回はじめしゃちょーが購入した「EOS C100 markⅡ」のボディのみ。▼

 

はじめしゃちょーが購入した「EOS C100 markⅡ」性能・機能

やはり50万という値段だけあって性能もかなりのもの。

f:id:ak2211:20170613014053p:plain

特徴だけもかなりの項目があることがわかる。実際にはじめしゃちょーの動画を見てもわかると思うが、画質がほんとにいい!(=゚ω゚)

 

はじめしゃちょーは動画の中では、いつも使っている好みの設定で撮影をしていましたが、これだけいいビデオカメラだと設定を変えるだけでも、また違った表情の動画を撮ることが出来て非常に楽しそうですね。

 

また、はじめしゃちょーが動画内で言っていたのが「グリップが凄くいい!」とのことビデオカメラで持ちやすいのは凄く有り難いですね!機能性の高さに加え、操作性の高さも兼ね備えているようです。

「EOS C100 markⅡ」は対応レンズが豊富

ビデオカメラの楽しみのひとつと言えば、レンズである。カメラはレンズを変えるだけで同じ設定でもまた違った表情を撮影することができる。

 

今回はじめしゃちょーが購入した「EOS C100 markⅡ」が対応するレンズはなんと87本以上ものレンズに対応するらしい。

 

少しピックアップしてみると

 

・EF300mm F2.8L IS II USM

・EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM

 

EF200-400mm F4L IS USM エクステンダー1.4X

これだけ沢山のレンズに対応しているとなると、撮影者も非常に楽しいと思います。ビデオカメラ好きならぜひ「EOS C100 markⅡ」は持っておきたいですね! 

はじめしゃちょーの「50万円で購入したビデオカメラ」動画のまとめ

今回はじめしゃちょーは50万円でビデオカメラを購入したが、やはりYoutuber界のトップに君臨するだけあってスケールが違うと改めて感じました。

 

活動休止から復活したあとも、動画が投稿されない日があるなど完全復活したとは言えない状態が続いていましたが今回の50万円のビデオカメラ購入を機に完全復活を期待したいところ。

 

はやくこの50万円で購入したビデオカメラで撮影した動画を見てみたいですね。(=゚ω゚)

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)