2017年8月26日

2017年24時間テレビスペシャルドラマ「阿久悠物語」ネタバレまとめ感想・あらすじ・見逃し配信無料動画

スポンサーリンク

夏になると楽しみなのが24時間テレビですよね!

2017年の24時間テレビはマラソンランナーが当日に発表されるなど歴代の中でも異例ともいえる回になっています。

そんな2017年の24時間テレビのスペシャルドラマは亀梨和也主演の「時代をつくった男 阿久悠物語」で、伝説の作家「阿久悠」について焦点をあてた昭和らしいドラマになっています。

今回は「時代をつくった男 阿久悠物語」についてまとめてみました。

「時代をつくった男 阿久悠物語」のキャスト

「時代をつくった男 阿久悠物語」のキャストは公式サイトによると以下の通りになります。▼

・阿久悠(亀梨和也)

作詞家・作家。兵庫県淡路島で生まれ育ち、大学入学を機に上京。広告代理店勤務、放送作家を経て作詞家になった。常に時代を読み、アイドルソング、演歌、フォークソング、アニメソング、CMソングと幅広いジャンルの曲を手掛け、ヒットさせた。家でも職場でも愚痴や弱音を言わず、苦悩や弱みを誰にも見せることなく、生涯5000曲以上の歌を世に送り出した孤高のヒットメーカー。

・深田雄子(松下奈緒)

阿久悠の妻。阿久悠がまだ誰からも認められていない深田公之だった時代に、初めて阿久の才能を評価した女性。阿久が勤めていた広告代理店に入社して出会い、一年後に結婚、息子・太郎を産む。放送作家を始めた阿久の仕事は多忙を極め、2~3ヶ月に一度しか家に帰って来なくなり、ほぼ母子家庭の状態で太郎を育て上げた。

・上村一夫(田中圭)

阿久悠の広告代理店時代の同僚。「昭和の絵師」と呼ばれた漫画家で、阿久をして「生まれて初めて出会った天才」と言わしめた。正反対の性格だが、ふたりは生涯の友人であり、阿久が唯一仕事の苦悩や思いを話していた人物だった。

・吉金章(和田正人)

『スター誕生!』のディレクター。番組立ち上げのときから先頭に立ってスタッフを牽引した熱血男。常に自信に満ち溢れていて、部下たちからは“鬼”と呼ばれて恐れられているが、実は人情家で涙もろい。

・都倉俊一(加藤シゲアキ)

『スター誕生!』の審査員。作曲家。外交官の息子で海外育ち。学習院大学在学中に作曲家デビューした、クールな天才。1970年代、阿久とコンビを組んで様々な歌手のヒット曲を連発。日本の主要な音楽賞のほとんどを受賞し、一時代を築き上げた。

・池沢文男(八嶋智人)

『スター誕生!』のプロデューサー。当時まだ放送作家と作詞家を掛け持ちしていた阿久悠に声をかけ、伝説のオーディション番組『スター誕生!』を立ち上げた。番組をこよなく愛し、スタッフ、出演者から信頼され慕われていた心優しきテレビマン。

「時代をつくった男 阿久悠物語」のあらすじ

「時代をつくった男 阿久悠物語」のあらすじは公式サイトによると以下の通りになります。▼

f:id:ren3321:20170826214938p:plain

http://www.ntv.co.jp/24h/drama2017/story/index.html

 

時代を彩った数々の名曲を生んだ作詞家・阿久悠。”ヒットメーカー”と呼ばれた阿久の歌は、平成の今も愛され続けている。阿久の妻・雄子(松下奈緒)は、女子高生たちが夫の作った歌を口ずさむ姿を見て、阿久と出会った頃を思い出す……。

昭和38(1963)年、阿久悠こと深田公之(亀梨和也)は、広告代理店に勤めるサラリーマンだった。そこで出会ったのが雄子。同じ匂いを感じた二人はつき合い始め、翌年結婚。この頃から、会社には内緒で放送作家のアルバイトを始め、そこで「阿久悠」というペンネームを使うようになった。

“ものを書く”仕事をしたかった阿久は、やがて会社を辞めフリーの放送作家に。そして、作詞にもチャレンジするとその才能を発揮し、森山加代子の『白い蝶のサンバ』を大ヒットさせる。

「時代を作る流行歌を生み出したい」と、本格的に作詞活動をすることを決意する阿久。仕事はますます忙しくなり、雄子と息子・太郎の待つ家へ帰るのは 2~3か月に一度、という状況になっていった。

昭和46(1971)年。阿久は、日本テレビのプロデューサー・池沢(八嶋智人)に声を掛けられ、新番組の立ち上げに参加する。池沢は「テレビ局からスターを生み出したい!」と、新しいオーディション番組を作ろうとしていた。

池沢にアイデアを求められた阿久は、オーディションのすべての過程をガラス張りにして放送するという今までにない番組スタイルを提案する。それが伝説のオーディション番組、「スター誕生!」の始まりだった。

自ら審査員を務めることも決まり、いよいよ『スター誕生!』の放送が開始。
しかし、阿久や池沢ら制作スタッフが期待していたようなスター候補生はなかなか現れず、番組は前途多難なスタートを切ったのだった――。

「時代をつくった男 阿久悠物語」のネタバレまとめ感想

阿久悠という人物を自分は全く知りませんでしたが、冒頭で流れた山本リンダの「狙いうち」も含めピンクレディーの楽曲であったり、番組「スター誕生」と阿久悠が関わった作品の多くを知っていて「おぉこれか!」となりました。笑

ドラマもどこか昭和を感じる雰囲気になっていて、亀梨和也演じる阿久悠の男らしさもどこか昭和の男を感じさせていました。

ドラマ自体は主に「スター誕生」の裏側をメインに描いており、それと並行して阿久悠という人間に対してエピソードがあてられた人情味溢れるドラマというのが正直な感想。

調べて見ると阿久悠が作詞した楽曲の数というのは5000曲以上にも及ぶそうで、彼の凄さ偉大さというのをドラマを通じて知らされました。

個人的に印象に残ったのは阿久悠の生き方。自分の好きな事を仕事にし、それで結果を残していくその姿に心を打たれた人も多いのではないでしょうか?

自分も今回の阿久悠の姿を見て、少し仕事や生き方に対して考え方を改めさせられた部分というのも少なからずあります。

今回の「時代をつくった男 阿久悠物語」は歴代の24時間テレビの中でも印象に残る作品だったと思います。

「時代をつくった男 阿久悠物語」の見逃し配信無料動画

まだ現在のところ無料動画を見れる情報は入っていません。情報が入り次第更新します。

最後に

「スター誕生」という番組は昔から聞いたことがありましたが、ここまで具体的な番組内容を知ったのは今回のドラマで初めて知りました。

24時間テレビのスペシャルドラマで個人を題材にしたドラマは非常に珍しいとも思いますが、なかなか面白かったです。

今年はブルゾンちえみが極秘でマラソンランナーに指名されるなど波乱という言葉が似合う24時間テレビになっていますが、最後まで楽しみたいですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)