【アストロズ】青木宣親がピッチャーとして初登板しマー君も笑顔!アーロンジャッジから空振りもとる

7月1日Twitter上でメジャーリーガーの青木宣親が話題になっています。「んっ?なんで話題になっているんだろう?」と率直に思ったのですが、調べてみるとなんと青木宣親が試合でピッチャーをしているとの情報が!

 

日本人の野手が投手としてマウンドに上がるのは、イチロー以来になります。今回は青木宣親が投手としてマウンドに上がったことについてまとめてみました。

青木宣親の経歴

青木宣親を知らない人のために軽く経歴をまとめてみると。

NPB史上2人目のシーズン200安打達成者およびNPB史上唯一の2度のシーズン200安打達成者(2005年、2010年)であり、NPB歴代4位のシーズン安打記録(209安打)を保持する(いずれも2016年シーズン終了時点) 

青木宣親 – Wikipedia

 

他にも日本が優勝した2006年・2009年WBCでは主力として活躍したり、日本の歴代打率の隠れ1位になっているなど、日本のプロ野球史上でも名前に残るほどの名選手です。

 

2012年よりメジャーリーグに舞台を変えていますが、イチロー松井秀喜に次ぐ打者としての好成績を残すなど大活躍をしている日本を代表する選手です。

マウンドに上がったのは突然 

f:id:ak2211:20170701143950p:plain

青木宣親選手は現在メジャーリーグのアリーグ西地区のアストロズという球団でプレーをしています。ここでは半レギュラーといったポジションで、主にレフト9番で試合に出ることが多いです。

 

7月1日の今日はベンチスタートでマウンドに上がる9回までベンチで待機していました。そして、9回青木宣親が姿を見せレフトの守備につくかと思いきや、なんと向かった場所はピッチャーマウンド!これにはファンも解説者もビックリしていました。

 

 

2000本安打を達成した記念に作られたフェイスタオル、記念にいかが?▼

なぜメジャーリーグでは野手が投手をするのか?

メジャーリーグに詳しくない方は、真剣勝負真っ最中の試合に野手が投手をすることに疑問を感じる方も多いと思います。

 

なぜ野手が投手をするのか?これは、試合状況に関係があります。今日の7月1日のアストロズヤンキースの試合は青木が登板した9回時点でヤンキース10点アストロズ4点ヤンキース6点リードと大差をつけていますね。

 

このようにもう勝ち目がないと判断すると、監督からすればピッチャーを無駄に使いたくないという考えが生まれます。メジャーリーグではピッチャーの肩は消耗品と考えられており、出来る限り投げさせたくないという思いがあります。

 

特に今日のような勝ち目がない試合だと、なおさら投げさせたくない。そこで野手に投手をやらせるという考えが出てくるわけです。

 

今回の青木宣親が投手として試合に出たのは、エンターテインメントではなく合理的な理由があってこその判断によるものになります。

 

 

青木宣親選手の妻目線で書かれたメジャーリーグの現実に関する本。メジャーリーガーの夫を支える妻のリアルな日常が描かれています。▼

ピッチャーとしての結果は1回3失点

青木宣親が今回投げた相手は田中将大が所属するニューヨーク・ヤンキースです。ヤンキースは今年アーロンジャッジをはじめ、若手の成長もあり打線はかなり強く並みのピッチャーでも抑えるのが大変です。

 

そんなメジャーリーグの中でも強力打線を相手に青木宣親はピッチャーとして対戦しますが、結果は1回3失点でした。

 

詳しい内容をみると。▼

7番 トレース   四球

8番 ウェード   四球

9番 カーター   左二塁打

1番 ガードナー  右犠飛

2番 エルズベリー 遊ゴロ

3番 ジャッジ   中フライ

という結果に、トレースとウェードに対する四球がなければ0失点もあり得たかもしれませんね!意外と投手でもやっていけそうな気もする結果になりました。

一番盛り上がったのはアーロンジャッジとの対戦 

青木宣親が投手としてマウンドに上がった瞬間も盛り上がりましたが、一番盛り上がったシーンは3番のアーロンジャッジとの対戦でした。

 

アーロンジャッジは現在アリーグの中で打率・本塁打・打点でトップを走っており現時点での3冠王に輝いています。ホームランを打った時の打球速度は歴代1位とされている、まさに怪物という称号が相応しい選手です。

 

しかも、これでまだ新人というのが凄いところ、今年のアリーグの新人王は間違いないだろうと言われています。

空振りをとると大歓声が!

そんな現在メジャー1抑えるのが大変なアーロンジャッジですが、青木はこのジャッジから空振りをとる場面もありました。

 

空振りをとった瞬間の現地は大盛り上がり!今日1の歓声になっていました( *´艸`)

マー君も笑顔 

f:id:ak2211:20170701144133p:plain

この試合ですが、実はマー君こと田中将大もベンチにいました。青木宣親がマウンドで投げている姿をみるとマー君はたちまち笑顔に。

 

あまり試合中、ベンチで選手はこのような笑顔を見せることは少ないのですが、今回の出来事は非常に珍しいのでマー君だけでなく他の選手も笑顔になっていましたね。

 

青木宣親のピッチャーの動画はこちら。▼


青木宣親投手メジャーデビューw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)